2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンデンダー

tomo+031_convert_20120302235915.jpg


こちらは父にあげた、ベルギーのヴァンデンダーのチョコです^^

これ、よくみると~~~~!

そうなんです!


ヴァンデンダーさんのサイン入り!!


当日、ご本人が来店されていました。

おととし、買ったけど、普通~~と感想に書いていましたが、なんとなく、サインが見たくて、買ってしまいました(笑)

愛想よく、サインしてくれたあとは、暑そうに、お水を飲んでました。

デパート暑いもんねぇ。。。


で、母ほどは味がわからない父にあげたのだけど、やっぱり母が手を出していて、「これ美味しかったよ」と言ってました。

あ?そうなの??

私も一つ食べたかった~~~^^;



父も「美味しかったわ」と言ってました。

味わかってんだろうか・・・?

本当に美味しいチョコだったんだろうか・・・

来年も買ってみるべきか・・・笑
スポンサーサイト

ピエールマルコリーニ

tomo+034_convert_20120302235837.jpg

ベルギーのピエールマルコリーニです。

なんか、ベルギーばっかり買っているような気がしますが、サロン・デュ・ショコラは二部制なので、お店が入れ替わってしまうんですね~~。

前半はフランスものがたくさんあったようなのですが、私が行ったのは後半。

なので、ベルギーものが多い~。

いや、フランスのチョコもあるにはあったんですけど、お値段が凄すぎて、手が届きませんでした(笑)


こちらは、チョコ大好きの母へ。

缶もかわいいし、美味しそうなので選びました。

一つ、もらったけど、私はドゥバイヨルのチョコの方が好きだなぁ~^^

と、母も言っていました。

大人~な感じのチョコで、お酒とあいそうな感じでした☆

ベルギーショコラマルシェ

tomo+036_convert_20120302235744.jpg
  
こちらは、ベルギーショコラマルシェ。

なんかよくわからないけど、1000円以内と、お値段がかなりお手頃だったので、ついでに買ってみた♪




tomo+040_convert_20120302235557.jpg


中身は~♪


見た目、かなりシンプル。

で、お味もシンプル。


不味くはないけど、普通~。

やっぱり、安いのにはわけがある・・・笑

デメル ソリッド・チョコ

tomo+039_convert_20120302235521.jpg

デメルです。

オーストリア・ウィーンです☆

おととし買って美味しかったので、今年もまた買ってみました☆

ただ~~今年はミルクが売りきれ~~~(泣)

もう入荷しないんですか?って聞いてみたけど、終了~とのこと^^;

仕方がないので、ヘーゼルナッツを購入☆


tomo+042_convert_20120302235700.jpg


お味は~~~☆☆☆

美味しいのは美味しいけど、やはりナッツの風味が勝ってるかんじで、ミルクには勝てず・・・

あ~残念。

来年は、ミルク、もしくは、もっち違う種類のチョコが食べたいな~☆

ドゥバイヨル リュバン

tomo+032_convert_20120302233759.jpg

久しぶりに日記を更新してみます。

しばらく美味しいものから遠ざかっていたのですが、ようやくありつけるようになりました。

去年は、伊勢丹のサロン・デュ・ショコラに行けなかったので、今年は去年の分も楽しんできました♪


まずは、おととし売り切れ続出で、ほとんど残っていなかったベルギーのドゥバイヨル♪


今年は色々残っていましたが、迷って結局、パケ買い(笑)

このピンクの箱だけでも、幸せ感じる~~~☆☆☆


中身は・・・


tomo+041_convert_20120302234031.jpg


じゃじゃ~~ん☆

小さなチョコレートが並んでいます♪


ガナッシュのセットです。

はじめに、赤い「プティット プランセス」をお口にパク☆

フランボワーズの酸味とジューシーさがお口の中でじゅわわわっと広がりました。

その後、チョコと絡み合って~~~~~~~!



美味い~~!!


他のチョコもどれ食べても美味しい!!

実は、ガナッシュのような、チョコの中に何かが入ってるものってあまり好きじゃなかったのですが、これを食べてちょっと考えなおしました。


美味しいものは美味しいのだと。


あまりに美味しかったので、独り占めするのはもったいないと思い、チョコ大好きの母にもおすそ分け~♪


二人で美味しいチョコレートがあると幸せだね~なんて言いながらほっこりしました☆


来年も買いに行くぜぇ!!

クリムト

クリムト デラックス版 [DVD]クリムト デラックス版 [DVD]
(2007/04/25)
ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 他

商品詳細を見る



まぁまぁ・・・これも一切期待はしていなかった映画ですが、思ったとおりの映画でした。
わけのわからん、お芝居風な映画。
クリムトの精神世界とリンクさせるような映画に仕上がっているといえばいいのかな。

ただ、わけのわからん映画だったと言われても仕方のない映画ではあるけど、すべてにおいて起承転結を求めるもんじゃないし、これはこれでOKだと思えるようになったな、私も。
サテリコンを観ていたら、あれより上をいく映画はなかなかないと思うし・・・笑


クリムトの「ダナエ」が好きなんだけど、ダナエは映画にはでてこなかったな~。
これだけ、わけわからん構図の絵がかけるのは、やはりこういった精神状態だったからなんだな~って素直に受け入れられた。
おととし、ウィーンに行って、クリムトの美術館入り口まで行ったのに、時間がなくって帰ってきたことが今更だけど悔やまれました・・・。
はぁ~~~生クリムト見てみたかった!!!

ヴィーナス

ヴィーナス 特別版 [DVD]ヴィーナス 特別版 [DVD]
(2008/05/08)
ピーター・オトゥール、レスリー・フィリップス 他

商品詳細を見る



これは期待していなかった割に味わいのある映画でした。
老人主人公の映画って、私結構好きかも。
(画家と庭師とカンパーニュとか、ラベンダーの咲く庭でとか、マルタのやさしい刺繍とか)
若い女の子とちゃんと話ができて、遊ぶこともできるご老人なんて素敵だわ~~~。
デート代を頑張って稼いだり、彼女に会いたいがために、OP後すぐに退院したりとか・・・
一生懸命だけど、なんだか微笑ましい。
現代っ子の彼女も、最初はいいように使っていたけど、そうじゃなくなっていく過程もよかったし、なかなか愛すべき作品だと私は思う。

幸せはシャンソニア劇場から

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]幸せはシャンソニア劇場から [DVD]
(2010/04/23)
ジェラール・ジュニョ、クロヴィス・コルニアック 他

商品詳細を見る



シャンソン好きだし、時代物っぽいし、なんだか面白そう~と思ってみたけど・・・
イマイチでした。
ありがちな話で、つまらんかったな~。
もうすでに内容を忘れているし・・・

宮廷画家ゴヤは見た

宮廷画家ゴヤは見た [DVD]宮廷画家ゴヤは見た [DVD]
(2009/04/22)
ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


「家政婦はみた」みたいなタイトルですが(笑)
ナタリーポートマンが出演していたし、まさかこんなに重い悲惨な救われない映画だとは思ってもいなくて、衝撃的でした。
すべてにおいて衝撃的。
みているのも辛くなるような描写もあって・・・でも、実際はもっとひどかったんだろうな~と思いなおして、最後まで見ましたが、最後は最後で・・・・・・
さぶいぼが立つようなラストで本当に救われなかったなぁ・・・。

ラストが衝撃というよりは、ここで終わりにされてしまうのか~~っていう意味での衝撃で、一人で見ていたのですが、思わず「え~~~~」って声がでてしまいました。。。

舞台はスペイン。
異端審問のくだらなさ、おろかさにまたしてもため息。
本当に宗教ってばかげてる・・・
そう思わずにはいられなくなる。
キリスト教がなんぼのもんなん?って言いたくなる(笑)


その後、時代はフランス革命、ナポレオン戦争、スペイン独立と時代がうつっていく。
なんとも激動の時代で、映画としてはみていて、飽きさせずに見ることができた。
スペインのことってあまり知らなかったけど、こう繋がってたのか~と膝打ち。
歴史って面白い。


それにしても、ゴヤって本当に凄い時代に生きていたんだな~と改めて知って、もっとゴヤの絵を鑑賞したくなった。
あんまり好きじゃなかったけど、その時代を見てみたいと思わせる映画でした。

ジェイン・オースティン 秘められた恋

ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)
アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る




以前、プライドと偏見という映画を見ましたが、あの作者の物語です。
ジェイン・オースティンって名前は聞いたことありますが、イギリスでは協会があるほど人気の作家さん。
いや、日本でも人気ありますよね。。
(私は海外の小説よまないのであまり知りませんが)

そんな彼女の若き頃の恋の物語。
この時代も同じく、女が生き難い時代。
結婚することでしか、幸せがはかれないというか、仕事での独立も難しいし、生きるための選択肢がなさすぎる時代。
「娼婦ベロニカ」でも同じようなことを言ってたけど、女が賢いとろくなことがないっていう。。。
なんとも女性蔑視な時代です。

そんな時代を、自分の意思を貫き通して生き抜いた女性のお話です。



ストーリーは悪くないし、見やすい映画でした。
プライドと偏見と 内容が同じようなところがあったりして、実体験に基づいて小説がかかれてたんだな~ってのがよくわかる。

あとは、映画全体を通して、美術やセットが良かった。
自然も。
見ているだけで、癒されます。

主人公は「プラダを着た悪魔」の女優さんです。
意志の強いところはうまくフィットしていたように思うけど、時代劇としてはちょっと浮いていたようにも思いました。



以下、アマゾンよりコピペ

内容紹介
希望も絶望も情熱も理不尽も
この人と出会って、この人と恋に落ちたことで
すべて味わえたのだと思います。
周囲に流されない信念を持つ彼女が
苦しみながら告げる選択に
強さと思いやりを感じました。
角田光代(作家)

------------------------------------

この切ない恋から『プライドと偏見』が生まれた。
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』

イギリスを代表する女流作家であるジェイン・オースティンは、18世紀末の田舎の中流社会を舞台に、女性の私生活や結婚を皮肉と愛情を込めて書き、その物語たちは書かれてから200年近く経つにも拘わらず、今でも多くの女性の共感を得ています。
しかし自らは生涯独身を通し、“文学と結婚した”とも言われている彼女にも、人生を変えるほどの激しく深い、ただ一度の恋があったとしたら…慣習に縛られず、自分の愛した人と共に生きたいと願ったジェインの激しくも切ない恋の物語が『ジェイン・オースティン 秘められた恋』です。

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイと『つぐない』のジェームズ・マカヴォイが贈る
“生涯ただ一度の恋”

<ストーリー>
財産があり家柄の良い男との結婚が、唯一の女性の幸せな生き方とされていた18世紀のイギリス。地方の貧しい牧師館の娘ジェイン(アン・ハサウェイ)は、両親や周囲の娘たちとは違い、愛のための結婚をしたいと考えていた。ジェインの両親は地元の名士・グレシャム夫人の甥・ウィスリー氏との縁談をまとめようと躍起になっていたが、小説を書くことに情熱を注ぎ、知性と独立心を持った女性であるジェインは、この結婚に同意しようとはしなかった。
ある日ジェインは、友人である兄・ヘンリーに伴われてジェインの暮らすハンプシャーに休暇でやってきたトム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う。大叔父・ラングロイス判事の庇護の下、ロンドンで法律を学びながらも享楽的な生活を送っていたトムは、貧しく洗練されていないハンプシャーの人々を蔑視する。自分の才能を密かに自負していたジェインとも、初めは反発し合っていた。
それでも2人はさまざまな場所で顔を合わせることになる。森の中で、舞踏会の踊りの輪で、友人たちとのクリケット遊びの場で、切りつけ合うような言葉を交わしながらも、2人は互いの中に周りの人々には見出しえなかった知性の閃きを認め、いつしか惹かれあうようになる。しかしこの恋は、周囲の人々に認められるはずもなかった・・・。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

himenobile

Author:himenobile
アフタヌーンティーはじめ、美味しかったクリームティーやケーキ・パンのこと。憧れの英国とフランスについて綴った雑記。


英国が大好きです♪
素朴なイギリス菓子からデコデコのフランス菓子も大好き♪スコーンやケーキ、パン作りも好きです☆

焼きたてのスコーンにクロテッドクリームと紅茶とクラシック&ケルト音楽!これ以上の至福はありません(笑)
英国のインテリア、ガーデニング、アンティークにも心惹かれます。

コッツウォルズの素敵なマナーハウスに泊まるのが夢です♪♪
湖水地方にも行って見たい♪

☆イギリス人作曲家はじめクラシック関連の日記はコチラです☆

 「クラシック音楽♪徒然日記」

☆我が家のピーターラビットの日記はコチラです☆

 「うさぎのぽんちゃん徒然日記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして♪ (1)
アフタヌーンティー♪ (13)
スコーン♪ (5)
ケーキ♪ (21)
マカロン♪ (7)
紅茶♪ (10)
パン・ブレッド♪ (26)
仏国のパン・オ・ショコラを求めて♪ (2)
輸入食材・お菓子 (6)
イギリス関連の本☆ (42)
フランス関連の本☆ (1)
ヨーロッパ関連テレビ☆ (9)
アイルランド・ケルトミュージック (3)
イギリスのコト (9)
雑貨☆ (15)
未分類 (8)
チョコレート♪ (12)
マカオ旅行 (14)
フランス旅行 (1)
イギリス旅行 (1)
イギリス料理 (1)
映画 (48)
上海旅行 (2)
チェコ・スロバキア・ハンガリー・オーストリア旅行 (29)
食器・陶器・アンティーク関連 (3)
和菓子・日本の風景 (6)
お料理 (1)
本 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。